コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 習い事 > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

コミュニケーション能力は社会で生活するために一番必要な能力です。これがなければ、スムーズに仕事をできませんし、他の人と円滑な人間関係を成り立たせることが不可能になります。学校で教えてくれるわけではないので、身に付けるのは簡単ではありません。親の教育によってコミュニケーション能力が育つ場合がありますが、親自身も他人と意志の疎通をするのが苦手な場合があります。コミュニケーション能力の基本は聴く力です。他人の話をしっかり聞くことができるようになれば、この能力が伸びていきます。自分の話に耳を傾けてくれる人には、どんな人も心を開きます。自分自身のその人のことを受け入れなければなりません。このように心の通い合わせることができると、二人の間に信頼関係が生まれます。人の話をきちんと聞くことは簡単のように見えて、難しい面があります。その人が自分と異なる意見を持っていたり、自分が怒りを感じるようなことを言っても、言い返さずに耳を傾けなければなりません。この能力を育むには、自分のことを率直に表現する態度を身に付ける必要もあります。自分の本当の感情を口にできなければ、人間関係は深まっていきません。生きていると嫌なことを言わなければならないこともあります。そんな時に自分の気持ちをごまかして、口当たりの良いことを言えばその時は切り抜けられるかもしれませんが、心の中にしこりが残ってしまいます。相手の方もそれを察知するでしょう。これは人を傷つけることではありません。その人のことを思いやって、あえて厳しいことを言うのです。一番良い例はしつけです。子供に甘い態度ばかり取っていては、子供は成長しません。時には叱ることも必要です。もう一つ必要なことは、分かりやすい話し方をすることです。自分が伝えたいことがあっても回りくどい表現をしていたら、相手に自分の言いたいことが伝わりにくくなります。このような状態を避けるには、自分の一番言いたいことが何か心の中で自問自答する必要があり、その後で話を始めます。さらにくどい表現を使わずに、ポイントを絞って話さなければなりません。