京生麩のお店 愛麩

Home > リビング > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本情緒を伝える地域というと、代表するのが京都です。日本の伝統文化が随所に見られるところであり、海外の方も一度は訪れてみたいという場所でもあります。観光名所も多くあり、自然を活かした観光場や神社に仏閣といった神仏を重んじるところもあり、さらに古い歴史を刻み込んだ地域でもあります。平安時代から幕末時代まで、幅広い歴史の礎を刻んでいます。その京都は、観光名所も多くあるだけでなく、美味しいものや伝統工芸などが多くある名産品の数々があります。食で言えば、代表的なのが八つ橋です。生八つ橋はしっとりとしたニッキの香りがした御餅の中には、餡子があります。ニッキの御餅と餡子が絶妙な味わいを醸し出します。また、生でなくせんべいとして売り出してもいます。生八つ橋は日持ちがしませんが、せんべいとした八つ橋は日持ちもしますので、お土産品として配る際には便利なお土産です。こちらも、ニッキの香りがしますが、瓦せんべいのように甘く美味しいです。さらに、京都でも壬生寺は幕末新選組が好きな人にはたまらない場所でもありますが、その隣の和菓子屋さんは歴史好きな人が知っている名産品です。和菓子が有名なのですが、御餅がもちもちとしているのに、口の中ではとろけてしまい、とても美味しいお菓子です。嵐山の方へ行けば、水のおいしさを利用してお豆腐が美味しいです。名産品の一つでもありますが、京都へ行った際には地元でぜひ食べて頂きたいです。湯豆腐は素朴ですが豆腐のうま味がとても出ていて、まろやかな味わいです。また、伝統文化では和柄としても有名で鹿革で作り上げた財布や信玄袋に小銭入れにポーチといった物は、京都らしい作りと和柄が幅広い年代に人気です。繊細に作り上げた工芸品は、革を使用していることから長持ちすると評判です。柔らかい材質なので使いやすくいつまでも大切にしたい逸品です。名産品は数多くありますが、京都ならではのものも多くあり、観光へ行った際には堪能をしていただきたいです。

注目キーワード

日本料理店
日本料理(和食)を提供する料理店のこと。総務省の日本標準産業分類では、日本料理店の定義は「主として特定の日本料理(そば、すしを除く)をその場所で飲食させる事業所」と定められている。
日本料理 龍吟