アテネ・フランセ

Home > 習い事 > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

最近会社がフランスの企業と契約をして、私もそのプロジェクトに参加することになりました。 フランス語は大学時代に学んだ事はありましたが、仕事をするのには十分といえない所がありました。 それで東京にある語学学校を利用したのですが、この学校は歴史のある所で十分に学べました。 フランス語は基礎的なことは分かっていましたが、ビジネスで必要になるレベルの経験はなかったです。 そういうことについて相談をしてみたのですけど、ちょうど私にあっているプランを選んでくれました。 私が受けたのは中級者向けのものでしたが、会話をする機会の多いもので役に立ちました。 特に発音については以前から心配があったので、そういうものを学べたのは良かったです。 語学学校での教育を数ヶ月ほど受けた頃には、十分な実力を得ることができました。 講師の方も教えるのに熱心な方が多くいて、こちらの質問に対してもすぐに答えてくれました。 会社のプロジェクトは語学学校での学習と、並列して行いましたが十分に上手く行きました。 相手の会社の方との取引でも問題が起こらず、必要なコミュニケーションをとれました。 プロジェクトについて最初に聞いた時は不安もありましたが、東京の語学学校のおかげで対応できました。

注目キーワード

フランス語オンリー
フランス語に限ること。
フランス語
古代ローマ帝国支配地域で話されていた口語ラテン語(俗ラテン語)が祖語とするロマンス語の一つ. 現存する最古のフランス語文献は842年の『ストラスブールの誓約』である.中世に北フランスで話されていたオイル語......