mormor

Home > サービス業界 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

東京都内でベビーシッターを利用しています。 よく広告で見かける都内のベビーシッターは時給3000円以上が当たり前なので我が家には高嶺の花と思っていましたが、私がお願いしているベビーシッターは時給1900円からとリーズナブルです。その代わり家事や宿泊はできず、あくまでも子供の育児のみをお願いする形ですが、うちにはそれで充分です。 うちは4才、2才の子がいます。私も仕事をしており夫は単身赴任なので平日は仕事と育児で激動の日々です。夫は月に一日だけ帰省しますが、それ以外の週末に美容院や病院などどうしても自分の用事をしたい時や、ランチやショッピングなどの息抜きをしたい時にベビーシッターをお願いして済ませるようにしています。 お願いする頻度としては月1~2回あるかないかぐらいですが、リフレッシュするには十分で、この息抜きがあるから日々頑張れている気がします。 シッターさんは安心して2人の子を任せられる手腕を持った方ばかりですし、兄弟のセット価格で見てもらうことができるのでお値段的にもありがたいです。単身赴任で自分も仕事をしながら子育てをできるか不安でしたが、シッターさんの助けを借りることで育児も軌道に乗った気がします。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃん言葉
赤ちゃんが、言うことばを 大人が、まねて、表記する言葉。