浪貝畳店

Home > リビング > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

和室はあまり使っていなかったのですが、それでも最近になって畳の傷みが気になるようになってきました。 少しずつすり減っていて、次第にボロボロになってきた部分が足にくっついて和室の外まで出てくることもあるようになったので、なんとかしなければいけないかなと考えたのです。 世田谷区に畳屋はあるだろうかと探してみると、浪貝畳店という畳屋が見つかり畳張替えをしていることがわかったので連絡をしてみました。 畳張替えの知識などまったくなかったのですが、とても丁寧に教えてもらうことができここだったら安心して任せることができそうだと感じました。 料金は安いというわけではありませんでしたが、説明を聞いてみてしっかりと理由のある金額になっているということがわかりましたから、割高なのではないかという心配をすることなく張替えをしてもらう気になりました。 畳張替えをしたことはなかったので、仕上がりはどのようになるのかすり減った部分が綺麗になるだけで、古臭い感じは残るのではないかと思っていたのですが、出来上がった畳は新品と変わりないように見えましたから、こんなに変わるものなのかと驚いてしまったほどです。 世田谷区にこんな良い畳屋があるとは思っていなかっただけに、とても満足しています。

注目キーワード

首里金城町石畳道
沖縄県那覇市首里の首里城の南にある石畳の道。日本の道100選の一つ。 元々は首里城から本島南部へ向かう「真玉道」の一部であった。 *交通アクセス -バス停 --石畳前 --首里城公園入口
千畳敷
JR五能線: 大戸瀬駅 - 千畳敷駅 - 北金ヶ沢駅 駅名コード: 2385 数百人の宴会を海浜に催す事が出来るほどのお座敷のようだということから、「千畳敷」と名付けられたという。