マミーヒルズ株式会社

Home > リビング > マミーヒルズ株式会社

東京のベビーシッターならMammy-hills

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京のベビーシッター紹介・派遣会社【Mammy-hills】メディアでも話題の家事代行・育児代行。英語でのシッティングで幼児英語教育や幼児受験もサポート。TOEIC900点以上のバイリンガルシッターや外国人シッターの派遣もでき、お試しも最大2回可能です。

共働きをしている我が家では、幼稚園に入園した娘の送迎を交代でしています。 しかし、時には、お互いの仕事でどうしてもいけない時があり、夫の両親に頼んでいました。 「申し訳ない」という気持ちはあったのですが仕方がなかったのです。 ですが、夫の両親が病気になってしまい、病院に入院することになり、緊急時に子供の送迎を頼む人がいなくなってしまいました。 時短などを利用して交代で頑張っては見たものの、夫婦の間で「いつも私ばっかり」と喧嘩になることが多くなりました。 そこで、東京で「ベビーシッター」のサービスをしている会社を探してみました。 この会社のメリットは何といっても、送迎後にベビーシッターが英語を教えてくれることです。 娘は幼稚園でも英語を学んでいるので、このサービスには大喜びです。 絵本や手遊びなどをしてくれながら、自然な形で英語を取り入れてくれるので、子供も理解がしやすいのです。 料金は少し高めではありますが、このサービスを考えると妥当な値段だと思います。 優しい雰囲気の女性の方なので、預けていて安心感もあります。 はじめは、知らない女性に対して警戒心を抱いていた娘ですが、徐々に慣れていき今では「あのお姉さんにまた迎えに来てほしい」とリクエストされるようになりました。

注目キーワード

赤ちゃん言葉
赤ちゃんが、言うことばを 大人が、まねて、表記する言葉。
赤ちゃん本舗
乳幼児向けの関連商品を販売している会社。大阪市中央区に本社がある。1932年創業。1941年2月27日法人化。 →アカチャンホンポ