株式会社ソーケンアービック

Home > 建物 > 株式会社ソーケンアービック

千葉・茨城の注文住宅は 自然素材と外断熱の株式会社ソーケンアービック

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉・茨城の注文住宅を自然の中にある太陽熱や地熱を利用して、住まい手の健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ一戸建て注文住宅を、千葉県我孫子市から千葉北西部や茨城南部を中心に発信しています。

長年田舎暮らしというものに憧れており、定年退職を機に千葉県房総半島に移住をしました。その際、お世話になたのが注文住宅を専門に扱う会社ソーケンアービックです。中古物件や新築一戸建てを現地で探しましたが、理想としている間取りや外観の家がなく建築家をしている知人から会社を紹介してもらいました。20年前に脳梗塞を患って寝たきり生活をしている母も一緒に田舎暮らしをさせてやりたく、オールバリアフリーで介護がしやすい住宅というのをソーケンアービックに注文しました。設計士と責任者の2名が出向いてくださって目の前で図面を引きつつ、わたくし共の意見も聞いて形に仕上げてくれたので100パーセントと言っていいほどの理想の間取りが完成したときは胸が高鳴りました。設計だけでなく、建築素材の要望も聞いてくださりコストが掛かりにくい杉を多く使った木造一戸建てになり建物の総額は設計費用込みで2000万円と割安だったのが良かったです。建設期間中は現地案内も会社の方が1週間に1回は連れていってくださるサービスもしてくれたので、進捗状況を自分の目で確かめられました。終の棲家にはぴったりの温かみがある場所で妻と母3人で毎日、千葉の海を見ながら暮らせてしあわせです。

注目キーワード

住宅街
住宅地が集まった地域のこと。
住宅ローン
住宅用のための土地・建物の取得や、リフォームのために、資金を借りること。 住宅金融公庫などが有名。 ゆとり返済、元利均等、元金均等など、さまざまな形態があり、期間は長期に及ぶものだと、35年にもなる。 ...